ホーム > アーカイブ > 2009-10

2009-10

面接対策

就職活動において面接はエントリーシートなどのように書き直すことができなく、

持っている魅力を発揮するにはやはりテクニックと練習が必要です。

面接は直に会社側の人と会話する機会でもあるため、

緊張しやすく失敗してしまう事も多く見うけられます。

どのような気持ちで面接に臨み、質問に答えていけばよいのかなどの

面接のための対策を実施しています。

みなさんが希望するエアラインはどのような人材を求めているのか・・

経験を元に分析・解説します。

 

<セミナーのご案内>

日時:11月28日(土) 1300~1600 

料金:10,000円 

場所:池袋

内容:ANA企業研究、客室乗務員の仕事・役割、2009年度採用情報、模擬演習など

<お申し込み>

株式会社銀星アド社 教育事業部  田中まで 

 n-tanaka@ginseiad.co.jp

RSS リーダーで購読する

志望動機

限られた面接時間の中で、強みを伝えるのはとても難しいことですね。

特に志望動機は就職試験において必ず聞かれる質問です。

「何故、当社を志望したのか。」面接官にとって最も知りたい回答のひとつです。

また採用側にとっても、知っておかなければならない事項です。

志望動機の内容から、皆さんの入社意欲がはっきりとわかります。

つまり、しっかりとした企業研究をしなければ皆さんの想いは面接官に届きません。

 

<セミナーのご案内>

日時:11月28日(土) 1300~1600 

料金:10,000円 

場所:池袋

内容:ANA企業研究、客室乗務員の仕事・役割、2009年度採用情報、模擬演習など

<お申し込み>

株式会社銀星アド社 教育事業部  田中まで 

 n-tanaka@ginseiad.co.jp

RSS リーダーで購読する

「言葉で伝える」

自分の考えや経験を「人に伝える」時に心掛けていることはありますか?

採用試験ではエントリーシート、自己PR、グループディスカッション、個人面接などで

「伝える」機会があります。

自分自身を知ってもらうとても貴重な時間です。

どのように話をすれば「伝わる」のか?

興味を持ってもらえるのか?

「伝える」練習をしましょう。

まずは、人の話をよく聞くことです。

そして、人の話を聞きながらストレスを感じた時、その理由を考えて下さい。

「なぜストレスを感じたのか?」

話の構成、ボリューム、表現方法、言葉選び、言葉遣い・・・

学んだことを自分が話をする時に生かしましょう。

その積み重ねです。

 

<セミナーのご案内>

日時:11月28日(土) 1300~1600 

料金:10,000円 

場所:池袋

内容:ANA企業研究、客室乗務員の仕事・役割、2009年度採用情報、模擬演習など

<お申し込み>

株式会社銀星アド社 教育事業部  田中まで 

 n-tanaka@ginseiad.co.jp

RSS リーダーで購読する

「面接官は何を見ているのか」考えてみましょう。

客室乗務員の採用面接試験は10~20分ぐらいの非常に短い時間で行われます。(ANAの場合)

こんな短い時間で何が分かるのか?

何で判断されるのか?

本当の自分を理解してもらえるのか?

と思っている方は、客室乗務員の仕事や役割を理解する必要があります。

そうすることで、答えを見出すことができるでしょう。

11月28日に新卒ANA受験対策セミナーを開催しますので是非ご参加ください。

客室乗務員の役割、求められる能力をお話します。

そして、今の自分をしっかり見つめ、試験までにやるべきことを理解して頂きたいと思います。

<セミナーのご案内>

日時:11月28日(土) 1300~1600 

料金:10,000円 

場所:池袋

内容:ANA企業研究、客室乗務員の仕事・役割、2009年度採用情報、模擬演習など

<お申し込み>

株式会社銀星アド社 教育事業部  田中まで 

 n-tanaka@ginseiad.co.jp

RSS リーダーで購読する

(新卒)ANA受験対策セミナー開催

ANA新卒採用のプリエントリーはされましたか?

ANAに入社したい皆様、なぜANAなのですか?

なぜ客室乗務員になりたいのですか?

客室乗務員になって何をやりたいのですか?

プリエントリーはしたものの、ANAについて何も知らない、CAの仕事もよく分からない、

本当に自分がやりたい仕事なのか確信が持てない・・・

と思っていらっしゃる方、ぜひ皆さんの力になりたいと考えています。

(新卒)ANA受験対策セミナー開催のご案内です。

日時:11月28日(土) 1300~1600(3時間)

場所:池袋

料金:10,000円

内容:①ANA企業研究~ANAが求める人材とは

    ②客室乗務員の仕事内容

    ③2009年度ANA採用情報

    ④模擬演習(グループディスカッション、立ち居振る舞い部分実習)

    ⑤質疑応答

講師は昨年までANAの客室乗務員をしておりました。

また6年以上、人材開発部で客室乗務員の教官として教育に携わっていました。

ANAのこと、客室乗務員の仕事のことなら何でも聞いて下さい。

ご参加をお待ちしております。

<お申し込み>

株式会社銀星アド社 教育事業部  田中まで 

 n-tanaka@ginseiad.co.jp

 

 

                                          

RSS リーダーで購読する

客室乗務員の仕事

客室乗務員はお客様に出会って、まず自分から心を開いてお客様に近づきます。

お客様の目を見てにっこり微笑むこと。

お客様よりも先に目をそらさないこと。

先に目をそらす場合にはゆっくりと、温かい余韻を残すこと。

お客様に歓迎・感謝の気持ちを言葉にして伝えること。

お客様が「大切にされている」と認識できるように出会いの瞬間から振る舞まうのです。

これがお客様との信頼関係を築く第一歩です。

自分から人間関係を築いてく積極性が求められます。

相手の出方を待ってから自分の身の振り方を考えるような「待ち」の姿勢ではだめなのです。

自分から微笑んで相手に近づいていますか?

 

<お問い合わせ>

株式会社銀星アド社 教育事業部  田中まで 

 n-tanaka@ginseiad.co.jp

RSS リーダーで購読する

表情美

笑顔の大切さについて書かれた雑誌の抜粋です。

『表情という言葉は、明治末期に生まれた言葉。

長く続いた武家社会では、能面のような無表情さと穏やかな話しぶりがよしとされ、

感情を顔に表して生き生きと話すのは下品とされていました。

現代では、誰にでも好かれる人、華のある人、魅力的とされる人の共通点は、

笑顔が印象的で、感情を顔いっぱいに表現できること。

思いやりや愛を伝えたり、相手を受け入れたり。

笑顔は、人が信頼関係を築くための大切なツールと言えるでしょう。

表情筋も他の筋肉と同様、使わなければ衰えてしまうもの。

表情筋をいつまでも柔軟に保つためには、日頃からなるべく笑うことです。

携帯やパソコンなどのコミュニケーションにのみ頼ることなく、人と顔を合わせる機会をつくり、

娯楽を楽しむなどをして、たくさん刺激を受け入れましょう。』

客室乗務員は毎便、全く背景の分からないお客様に出会い、信頼関係を築いていきます。

お客様の心の扉を開くために、誠心誠意心を尽くしてもてなします。

歓迎、感謝、安心、安らぎ・・・を表情や態度で表現し、

そしてお客様の気持ちに共感していることを伝えます。

客室乗務員にとって「表情で伝える力」は必須です。

 

<お問い合わせ>

株式会社銀星アド社 教育事業部  田中まで 

 n-tanaka@ginseiad.co.jp

RSS リーダーで購読する

「ANAグループ」

「エアーニッポンネットワーク(A-net)が丘珠空港を撤退する」記事を目にしました。

理由は、道内の需要が低迷し、現状の道内ネットワーク維持が困難になるとのこと。

丘珠空港と言えばA-netで、A-netの方達は淋しい想いをしているだろうな・・・

(まだ決定したわけではないようですが)

私はANA在職中に丘珠空港に足を運んだことがありますが、こじんまりとしていて、

A-netファンのお客様でとても和やかな雰囲気であったことを思い出します。

私が丘珠空港に行ったのは、「ANAグループワンブランド化」の時です。

JALとJASの経営統合を受けて、ANAグループはワンブランド化しました。

ANAグループ内の運航会社(ANA、エアーニッポン、エアージャパン、エアーネクスト、

エアーニッポンネットワーク、エアーセントラルなど)がそれぞれの別の便名で運航するのではなく、

すべてANAに統一しました。

そして、客室乗務員の制服も同様に統一されたのです。

「ANAグループワンブランド化」はロゴや制服の統一だけでなく、ANAブランドが目指すビジョンを

ANAグループ全社員が共有し、体現することを目指していました。

私はこのプロジェクトチームの一員でしたので、実際にA-netの便に乗って丘珠空港に行き、

A-netの方達と色々なお話をした事を思い出します。

現在はグループが「チーム」として機能すること、「TEAM ANA」として最高のパフォーマンスを発揮

できるように、更に様々な体制を見直しているようです。

 

<お問い合わせ>

株式会社銀星アド社 教育事業部  田中まで 

 n-tanaka@ginseiad.co.jp

RSS リーダーで購読する

客室乗務員になって何をやりたいですか?

「エチカの鏡」という番組をみたことがありますか?

今日は子育てと接遇についての特集でした。

病院の接遇について「誰からお給料を頂いているのか?院長ではなく患者様から」

とおっしゃっていました。

どの企業も必ずお客様がいらっしゃいます。

企業が存続する上で一番大切なのはお客様です。

そのお客様に直接お会いして歓迎・感謝の気持ちを伝え、もてなすこと、

これが客室乗務員の大きな役割の一つです。

お客様に直接会うことが出来ない社員の気持ちを背負って、

会社の代表としてその役目を果たすのです。

企業が存続する上で非常に重要な役割を担っていることが分かります。

なぜ客室乗務員になりたいですか?

客室乗務員になって何をやりたいですか?

自分が本当にやりたいことは何ですか?

じっくり考えてみましょう。

 

<お問い合わせ>

株式会社銀星アド社 教育事業部  田中まで 

 n-tanaka@ginseiad.co.jp

RSS リーダーで購読する

朝晩はだいぶ冷え込むようになりましたね。

秋の深まりを感じます。

さて、今日も航空情報です。

国土交通相の前原さんが経営再建中の日本航空について、

「融資する金融機関の評価に耐え得るような再建計画をしっかり作ってもらい、

自力再生してもらうこと以外考えていることは全くない」、

そして現行の航空大手2社体制は「継続が大切」と今日の記者会見で述べたそうです。

日本航空の社員の方は不安でしょうね。

このような状況の中、客室乗務員はいつも通り今日も笑顔でお客様をもてなしていることと思います。

日本航空を選んでくださったお客様の為に。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2009-10

カレンダー
« 10 月 2009 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アーカイブ
ページ
外部PR

ページのトップに戻る