ホーム > アーカイブ > 2012-02

2012-02

ピーチ・アビエーションいよいよ3月1日~就航!!

こんにちは。

LCCのピーチ・アビエーションがいよいよ3月1日から就航しますね。

ピーチ・アビエーションは「特別な空の旅」を特別ではないものにするとおっしゃっています。

バスのように気軽に乗って移動する、ということだと思います。

そして、ANAやJALはLCCと競争ではなく、共存が出来るともおっしゃっています。

新規お客様の獲得です。

就航路線の付近にお住まいの方達はとても楽しみにしていることでしょう。

私も機会があれば乗ってみたいです。

同時に、日本においてどれだけLCCが利用されるのか、

日本人の気質に合っているのかどうか・・・

大変興味があります。

今日、電車を待っていたら、「前前駅を出発」、「前駅を出発」などと表示がされていました。

日本らしいな・・・と感じました。

待つのが嫌、せっかちな日本人には「定時運航」は非常にニーズが高いです。

また、サービスは求めていなくても、お客様として自分を大切に思っているのか、

ということに日本人は注目してしまう所があると思います。

安全と低価格の追求に満足するのか・・・

そして、ANAの存在意義は?ANACAの役割は何でしょうか?

(株)銀星アド社教育事業部 水野さとみ

RSS リーダーで購読する

志望動機

こんにちは。

今日は陽ざしの暖かさを感じますね・・・

春が待ち遠しい今日この頃です。

さて、ANACA受験に向けて無料相談会やES添削セミナーで皆さんにお会いし、

皆さんに共通していることですが、なぜANAなのか?CAなのか?

の回答が自分でもよく分からず曖昧だと言っています。

私も同じだったと思います。

しかしながら、ANAで18年間お世話になり、ANAという会社を知り、

CAという仕事の醍醐味を実感した今、その問いに簡単に答えることが出来ます。

ANAやCAの仕事についてお知りになりたい方、自分のやりたいことが曖昧な方など

ご相談にのりたいと思いますので是非、お問い合わせください。

<無料説明会の内容について>

ANACAの採用情報、ANAが求める人材、当スクールの短期コースのご案内、その他ご質問など

<お問い合わせ・お申し込み>

s-mizuno@ginseiad.co.jp

(株)銀星アド社教育事業部 水野さとみ

RSS リーダーで購読する

ANAのCAとして挑戦したいことは?

こんばんは。

今日の22時、NHKのプロフェッショナルという番組ではANAのB787就航に向けて

パイロットが取り組んでいる様子を特集していました。

この乗員さんとフライトをしたことがあったなぁ・・・と懐かしく思いつつ、

ANAらしい乗員さんだなぁと感じながら応援する気持ちを込めて見入ってしまいました。

印象的な言葉は「考えるパイロット」を育成すること。

色々な深い意味が込められていると思いますが、私が人材開発部でCAの訓練をしていた時も

「考えるCA」を育成することを目指して、訓練プログラムを作成し、訓練を実施していました。

マニュアルに書かれていることをただ覚えるだけではなく、

なぜ?どうしてこのように行動しなければならないのか?

背景や理由を考えながらマニュアルを読み込むことで、

行動に起こした時にミスや勘違いを防ぐことが出来ます。

何も考えずに、書いてある通りに・・・指示された通りに・・・動くことがないように、

訓練の在り方を改良し続けたことを思い出しました。

安全を守る上でも、お客様と信頼関係を築く上でも、考えるCAでなければなりません。

どのお仕事も一緒だと思いますが・・・。

今年のエントリーシートに「ANAのCAとして何に挑戦したいか?」という問いがあります。

日本の航空業界が大きく変わっていく中、ANAの存在意義は?

企業の存続、更なる発展を目指してANAの在りたい姿をどのように描いているか?

そして、ANAのCAに求められることは何か?

ANAを取り巻く環境から先を想像し、その上で挑戦したいことを考えてみましょう。

RSS リーダーで購読する

言葉を連ねるだけでは説得力に欠けます。

こんにちは。

真冬の寒さが戻り、日本海側も大雪となっていますね。

とても心配です。

また、インフルエンザも流行っているようですので注意が必要ですね。

就活生の皆様は日々の忙しさと精神的なプレッシャーなどで免疫力が低下してしまうことがないように

栄養と睡眠をしっかり取って、頑張って乗り切って下さいね。

さて、面接試験は、グループディスカッションにおいても、個人面接においても、

自分の考えを伝えることが基本です。

伝えたいことが自分の中で明確になっていないと、言葉数が増え、関係のない言葉を遣い、

話も長くなり、結局何を言っているのか面接官には理解が出来ないでしょう。

理解が出来たとしても、意思や想いは届かず、面接官の心を動かすことは難しいでしょう。

まず、伝えたいことを定めましょう。

文字にして、自分の目で見て確認することをお勧め致します。

自己の強みであれば、その強みと企業が求める人材が一致していなければなりません。

そして、言葉を連ねるだけでなく、経験から身についたことを伝える必要があります。

文字にしてみて、自分が伝えたい内容になっているのかを確認します。

一つひとつ準備をすることは大変ですが、ベストな回答をすることに繋がると思います。

頑張りましょう!!

<短期コースのご案内>

・エントリーシート+自己紹介添削

・個人面接対策個別指導

・グループディスカッション対策(少人数制)

また、無料説明会も随時実施しております。

<お問い合わせ・お申し込みアドレス>

s-mizuno@ginseiad.co.jp

(株)銀星アド社教育事業部 水野さとみ

RSS リーダーで購読する

ANACA受験に向けて準備をすることが分からない方

こんばんは。

就活生は学校の試験もありながら、エントリーシートの作成、面接試験・・・

と忙しい日々をお過ごしのことと思います。

面接試験では「面接官は何を見ていたのか???」よく分からず、

思い悩みながらも前に向かって頑張っていらっしゃるのではないでしょうか・・・

第一志望の企業ではなかったとしても、やはり通過しないと落ち込みますよね。

自分を認めてもらえない、否定されている、と勘違いをしてしまうものです。

気持ちを切り替えて、頑張ってもらいたいです!!

ANACAを第一志望としている皆様、万全の準備をして臨みましょう。

お忙しいのは分かりますが、他の企業を受験するように臨んではいけません。

第一志望なのですから、本当に内定をもらいたいのなら、それだけの準備をしっかりしてもらいたいです。

準備不足で通過できなかった場合は、悲しみだけでなく自分に対する後悔がずっと残ることになります。

そうなりませんように・・・何を準備して良いのか分からない方は是非、連絡をください。

無料説明会を実施しておりますので、アドバイスさせて頂きます。

<お問い合わせ・お申し込みアドレス>

s-mizuno@ginseiad.co.jp

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2012-02

カレンダー
« 2 月 2012 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29        
アーカイブ
ページ
外部PR

ページのトップに戻る